【Rolleiflex Original】記念すべき最初のモデルの誕生秘話と使い方も解説します




Rolleiflex Original

三眼ステレオカメラ「ローライドスコープ」をベースにして1929年(昭和4年)に登場したローライフレックス・オリジナル。

記念すべきローライフレックスの最初のモデルです。

ローライフレックス誕生のヒントになったのがローライドスコープだったので、ファインダーカバーや各ダイヤルなどが流用されています。

ローライドスコープからレンズを一つ取り去って、縦にしてファインダーフードをその上に置いたのがローライフレックスです。

”オリジナル”と言う名称は他のローライフレックスと区別するために今日呼ばれているもので、発売名はローライフレックスです


誕生のキッカケは”ある人物”の言葉だった

なお、ローライフレックスが誕生するキッカケとなったのは、”ある人物”が創業者の一人、ラインホルト・ハイデッケに「ローライドスコープからレンズを減らして、モノのレフレックスカメラを作ったら?」と言ったのが始まりとされています。

もともとの案を考えたのは創業者のラインホルト・ハイデッケでもパウル・フランケのどちらでもない”ある人物”だったのですね。それが後に世界的二眼レフカメラブームを起こすとは思ってもいなかったことでしょう。

ローライドスコープ

製造期間は1929年から1932年までの3年間で、「f4.5とf3.8」の2タイプがありました。

ローライフレックスシリーズでは唯一、フィルムの巻き上げが「ノブ式」となっています。
オリジナル以降の全てのモデルはクランク式が採用されています。

ロールフィルム6×6を最初に使用したカメラですが、使用するフィルムは120フィルムではなく、117フィルムです。

当時は120フィルムが6×9判用だったためです

フィルム巻き上げ方

ボディ背面に「赤窓」と呼ばれる小窓があります。
フィルムを巻き上げる際は、フィルムの裏紙にプリントされた数字が赤窓に表示されるので、それを確認しながらフィルムを巻き上げる方式となっています。

オリジナルにはフィルム巻き上げ時に自動ストップする機能が付いていないので注意するポイントです

Rolleiflex Original|スペック

スペック
・名称:Rolleiflex Original
・製造期間:1929-1932
・撮影レンズ:カールツァイステッサー75㎜ f3.8・f4.5
・ビューレンズ:ハイドスコープ アナスティグマット75㎜ f3.1
・シャッター:コンパーC#00 T・B・1~1/300秒
・サイズ:85×132×90
・重量:715g
・シリアルナンバー:1-199999