【RolleicordⅠ】”金ぴかコード”や”アールデコ”の愛称で人気の初代ローライコード




ローライコードⅠ型 Type1・2

ローライフレックスの廉価版・普及版として登場した「ローライコード」。
ここでは、1933年(昭和8年)に登場した初代コードであるⅠ型について詳しく解説します。

ローライフレックス・スタンダードが発売された翌年に登場したローライコードは、レンズを「カールツァイス・テッサー」から「カールツァイス・トリオター」に変更し、操作性をシンプルにするなどしてコストダウンが図られています。

ボディには革張りがされておらず、「ネッケルメッキ」と「黒エナメル」で模様付けされた金属パネルとなっています。

このような「装飾」のことを「アールデコ調」と言って、当時アメリカなので流行していた


特徴的な外観で人気

このローライコードⅠ型は日本では「金ぴかコード」、海外では「アールデコ」の愛称で呼ばれており特徴的な外観が人気となりました。

また、外装がこのような仕様になっているのはローライの二眼レフカメラの中でもコードのⅠ型のみです。

更にⅠ型には1933年発売のタイプ1と、その翌年1934年(昭和9年)に発売されたタイプ2があります。

”金ぴか”仕様となっているのはタイプ1の方のみで、タイプ2では外装が金属パネルから「革張り」へと変更になっています。(※スペックはレンズの開放値がf4.5からf3.8になったこと以外はほぼ同じ)

Ⅰ型のタイプ2とは1936年に登場した「Ⅰa」の事ではなく、それとはまた別です

赤窓方式

フィルムの巻き上げは、フィルムの番号➀を赤窓に表示させる「赤窓式」です。
※赤窓は本体底面(裏蓋)にあります。

使用するフィルムは「120フィルム」です。

シャッターチャージレバー

ローライコードの特徴として「シャッターチャージレバー」があります。
これは「シャッター羽根を開閉するために動力チャージ」を行うものです。

レンズ下部に付いており、撮影時には手動でセットします。
これはローライフレックスシリーズには無い、コードのみの機構です。

ローライコードⅠ|スペック

スペック

・名称:Rolleicord Ⅰ
・製造期間:1933-1936
・撮影レンズ:カール・ツァイス トリオター75㎜ f4.5/f3.8
・ビューレンズ:ハイドスコープアナスティグマット75㎜ f4
・シャッター:コンパーC00 B・T・1~1/300秒
・サイズ:85×90×135
・重量:Type1:850g/Type2:818ℊ
・シリアルナンバー:1460000-1760000