【ベビーローライ】カメラ女子に人気のグレーモデル!実はブラックの方が希少!?




カメラ女子に人気のベビーローライ

二眼レフカメラのローライフレックスの中でも、特にカメラ女子に人気の機種が「ベビーローライ」と呼ばれる「4×4版」のシリーズです。

ベビーローライの中でも特に人気があり、ベビーと言ったら「これ!」
と、言われるのが「グレー」モデル。

それからもう一つ、あまり知名度が無い(?)
ベビーローライ最後のモデルとなった「ブラック」モデル。

ここでは、ベビーローライの「グレー・ブラック」の2機種について詳しく解説します。

4×4 グレーモデル

グレーモデル

ベビーローライシリーズで圧倒的な人気・知名度を誇る「グレー」モデル。
ただしベビーローライと言うのは「愛称」で、正式名称は「Rolleiflex 4×4 Gray Model」です。

第二次世界大戦の影響で1944年から生産を中断していたローライが、戦後1957年に発売したのがグレーモデルです。ベビーローライと言えばこれを思い浮かべる方は多いと思います。

戦前に発売されていたタイプ1~4までとは「仕様・外観」ともに大きく変更されています。


従来機種との大きな違い

  • レンズがテッサーから「シュナイダー・クセナー」に
  • フィルムの巻き上げに「オートマット」式を採用
  • フィルムの巻き上げが「ダイヤル」式に変更
  • ライトバリュー(LV)システムを搭載(解除可)
ライトバリューシステム:ダイヤルを回してシャッタースピードを変えると絞りが一緒に連動して動き、一定のLV値を維持する方式

オートマットやライトバリューの採用により、以前のモデルよりも一気に扱いやすくなりました。
フィルムの巻き上げもクランクレバーよりもダイヤル式の方が操作しやすいです。

ライトバリューを解除して好きな値に設定することも可能で、「絞りレバー」を押し込むことにより解除できる仕組みになっています。

中古市場でもかなり多く出回っているので「オークション・フリマ」を覗けば出品されているので入手可能です。

実は希少な「ブラックモデル」

1963年にはグレーモデルの色違いの「ブラックモデル」が登場します。
正式名称は「Rolleiflex 4×4 Black Model」。

グレーの外装をブラックに変更したのみで、基本性能に変更はありません。
ブラックは一般的なカラーですが、このモデルは生産台数がわずか「5,000台」と少なく希少となっています。

シリアルナンバーが混在

シリアルナンバーで注意したいのが、「2064000-2064999」に該当している個体です。
何と、このシリアルナンバーは「グレーとブラック」ともに該当しており、2機種が混在しています。

「2065000-2069120」のシリアルナンバーはブラックのみの番号となっています

ローライフレックス 4×4 グレー&ブラック|スペック

スペック

・名称:Rolleiflex 4×4 Gray Model/Black Model
・製造期間:Gray:1957-1963/Black:1963-1968
・撮影レンズ:シュナイダークセナー60㎜ f3.5
・ビューレンズ:ハイドスマート60㎜ f2.8
・シャッター:シンクロコンパーMXV CR00 B・1~1/500秒
・サイズ:64×81×123
・重量:680g
・シリアルナンバー:Gray:2000001-2063999/混在:2064000-2064999/Black:2065000-2069120