【Rolleiflex Standard New】オートマットを省いた廉価版,赤窓が復活したスタンダードの新モデル!




ローライフレックス・スタンダード ノイ

ここではローライフレックス・スタンダード”ノイ”(以下:ノイ)について解説します。

1939年(昭和14年)に登場したノイは、1937年に発売された「ローライフレックス・オートマット」からオートマット機能を省いた簡易モデル、いわゆる「廉価版」ですね。

New:「ニュー」(英語)ではなく、「ノイ」と読む(ドイツ語)

外観は「ローライフレックス・オートマット」で、中身は「ローライフレックス・スタンダード」というような機種です。

また、ローライの二眼レフカメラとしては第2次世界大戦前の最後のモデルでもあります。

ノイ以降(戦後)に登場するのがローライフレックスの「3.5シリーズ」や「2.8シリーズ」であり、2.8A・2.8Bなどのように続いていきます。


赤窓が復活

ノイは1932年発売の「ローライフレックス・スタンダード」の新しいバージョンであるため、この名称になっています。

またオートマット機能を省いているため「赤窓」機構が復活しています。

赤窓でフィルム番号の➀を合わせた後は自動で巻き上げがストップするので、使い方はスタンダードと同じになります。

赤窓は底面(裏蓋)に配置されている

オートマットとの見分け方

パッと見では「ノイとオートマット」は見間違えてしまうほど似ています。

  • 底面に赤窓がある
  • レンズ間にシャッター・絞りダイヤルが無い
  • シャッターリレーズボタンにカバーがある
  • 上下2つのレンズ共にバヨネットが付いている

以上がノイの外観の主な特徴です。
オートマットと見分ける際は注目してみましょう!

ローライフレックス・スタンダード ノイ|スペック

スペック

・名称:Rolleiflex Standard New
・製造期間:1939-1941
・撮影レンズ:カール・ツァイス テッサー75㎜ f3.5
・ビューレンズ:ハイドスコープアナスティグマット75㎜ f3.1
・バヨネット:Ⅰ型
・シャッター:コンパーラピッドCR00 B・1~1/500秒
・サイズ:92×95×140
・重量:900g
・シリアルナンバー:806000-927999